私の正論で喧嘩してのカウンセリング⑤

この間の続きです。
たとえば旦那さんが浮気をしました。
僕が女だったら心の中でいつも思ってるのは超ラッキーと思いますよね。
僕もしてもいいんだ。
だって先に悪いことをするのは気が悪いじゃないですか。
じゃあ、先にするには一個だけ条件があるんです。
絶対に相手にバレない優しさを持つということ。
だから後からする方が楽です。
バレたとしてもあんたもやってるってことになるから。
でも、この両方を使うのが1番いいですよね。
されたら自分もやり返すんとちがいますよ。
やり返すということは相手が付き合ってる女と付き合うということですよ。
女が好きなんですかという話になってくるんですよ。
向こうも異性とつきあってるんですからこっちも異性とつきあえばいいじゃないですか。
私、そんな相手いないです。
じゃあ、その代わりのものを考えればいいじゃないですか。
バック二個でいいかと思えばそれでいいそれで気がすまないと思うならちゃんとしたホストクラブでもいけばいいんじゃない、好きなようにしてください。
相手がもう何してもいいよということを行動で示してくれてるんですから。
この上ない幸せですよね。
人間て、自分の都合のいいように考えるのが得意な生き物なんですよ。
なんでみんな都合の悪いように考えるのか。
僕がね、得意なことだけして生きればいいんですよ、好きなことだけしていきればいいんですよ。
その代わり、一歩先のこともちょっと考えてね。
少しは考えないとね。
バンが好きだからコンビニのパンをとって食べるのが得意なんです。
刑務所に入るのが得意ですか、警察に追いかけられて逃げるのが得意ですか。
そこも考えないとね。
一歩先位は考えた方がいいですよね。
だいたい人間は百歩先位は考えるんですよ。
目の前のことと一歩先のことを考えることが本当は得意なはずですよね。
千里眼でもあるまいし百歩先のことなんかわかるわけないんですよ。
でも、すげー百歩先のこと考えますよね。
例えば、夜遅い。
なんかあった。
映画でもなかなかないですよね。
テレビでもなかなかないですよね。
この前ニュースでありました。
ニュースになるぐらいだからめったにないですよね。
例えばそれでもし娘さんが襲われたらまぁそれより確立の高い交通事故にその前にあってるんじゃないですか。
あんまり、常識とか道徳とか、自分の正しさというものにとらわれて不得意なことをするとろくなことはないですよね。
続きはまたね。

依存、本心、心配

こんにちは。
今日はいいお天気、連休です。
何も予定がないのでお家でゴロゴロです。
主人はじっとしてるのが嫌いな人なのでうろうろしています。

この間、先生にご主人はさすがにもう浮気はしないわって思ってるとおもうんですよ。
すると思ってますか、しないと思ってますか。
私 すると思ってます。
果たしてそうでしょうか。
すると思ってるのにご飯なんか一緒に食べにいけるでしょうか。
もう怒りと恐怖で考えることをやめてるなってことです。
もう、答えをきめてしまってるんです。
こうなったらこう、こうなったらこう、だって普通はうーん先生どうでしょうかねっていいません?
そうでしょ。
いやいやー考えていないじゃんということです。
考えず悪い方を答える。
ということは思考を停止してるということですよね。
危ないですよね。
あったり一緒にいるのに、マイナスのことがポンとでてくるということは完全に依存してますよね。
マイナスのことがでるのなら一緒にご飯なんか食べに行かないですよね。
そうですよね。
利用しでるんじゃないですか、依存してますよね。
だからたぶん過去に私はどうせ1人じゃ生きていけないんだからこの人がもうきっと何もしないだろうから、もうこの人についていこうと決めたはずなんです。
でも本心はそんなはずないわ。
マイナスの感情がほとんどみんな本心なんです。
僕には、本当のことを言わなければいけないと思ってるからかならず僕にはマイナスのことをいうんですよね。
本心はこれでわかりましたよね。
ということは心配があるということですよね。
そうするとどうなるかというといなくなりますよってことなんです。
心配をすると1番悪いことが起きるというのが日本の祝詞のなかにかいてあるんですね。
心配というのは、ものすごーく悪いことなんだということなんです。
忘れたころにこれをやらかすのが人間だということです。
心配したらどうするかというと、今みたいに自分が忘れるほどにおさえこむのじゃなくて必ずちょっとしたことでもノートに書いておいて僕にできるだけ早く相談をしないといけないということです。

私の正論で娘と喧嘩してのカウンセリング④

前回の続き書きますね。
この前の話だとしつけは不得意ですね。
しつけのその先はというと娘の幸せですよね。
人を不幸にするのは人間、得意じゃないんですよね。
幸せにするのが得意なんだから幸せにすればいいんですよね。
そしたら、そのための手段ってこれでもいいし、違うのでもいいんですよね。
どっちでもいいやん。
できるだけあなたの得意な方にしたらいい。
だからほっとくのが得意だからほっとけばいい。
幸せにするのが得意なんだからそれでまるくおさまる、最初からそれやってれば今回のようなことはおきなかった。
例えば今度逆の立場にたつと、人に心配かけるのって、人間て得意じゃないですよね。
だから娘さんの方の立場からすると
連絡するほうが得意だったはずなんですよね。
不得意なことをしてしまったから今回のようなことがおきたということですよね。
僕からすればどっちもどっちですなということです。
いい悪いじゃないです。
お互い不得意なことしたからこんなことになったんですよ。
今からは得意なこと好きなことやりたいこと、それをもっと、もっと、もっと追求してくださいてことです。
信じれないです。
やってから考えてください。
やりもしてないのにね。
今まで何十年ね、好きを追求して生きてきましたか。
我慢を追求してみんな生きてきてるわけですよ。
我慢を追求して生きてきて結果としてどうなりましたかっていうと僕のところにきたわけですよね。
それは間違いですわということですわ。
僕のところへ来る人はどんな人かというと答え間違った人ですよね。
間違えるのはいいんです。
ダメなのはずっと同じ答えを書き続ける人なんですよね。
自分の答えで苦しんでるんですよ人間て。
人からされたことで苦しんでるんじゃないですよ。
同じことをされても全然辛くない人がいるんですよ。
それは鈍感なんじゃなくて受け取り方が違うんです。
この続きはまたね。

私の正論で娘と喧嘩してのカウンセリング③

こんばんは!
最近、急に雨が降ったり、風が強かったりと大変ですね。
この間の続きを書きますね。
今回の娘とのもめごとのときにですね。
たとえば、人が人に何か教える、しつけるというのはみんな不得意ですよね。
不得意なことをしたから失敗したしたんですよ。
じゃあ、得意なことってなんですか?
人間って、そもそもずぼらですから
結構ほったからすのが得意なんですよね。
だって子供の時宿題いやだな、ちょっと後から、掃除、大人になってから、ちょっと後から。
ご飯作るの、ちょっと休んでから。
ほったらかすのが、人間得意ですよね。
得意なことすればよかったんですよ。
何をしようとしたかと言うと相手のためにしつけようとしているわけですよね。
相手をやっつけようなんて思ってないわけですから。
それは不得意ですからやめたほうがいいですねってことです。
得意なほうしてください。
なんですか?
ほったらかしといてください。
そしたらうまいこといきますから。
それが古事記の山幸彦と海幸彦。
一見、聞いていると信じれないかもしれないけど、いくらでも実例をあげることができますよ。
こんなこと失敗しました。
ああ、本来こういうことが得意なのにこういう不得意なことしたからですよ。
例えば、仕事がしんどいんです。
それはそうです。
人間は遊ぶほうが得意なんですから。
じゃー仕事しちゃーいけないんですか。
うん、最低限しといてください。
お金使うの得意でしょ。
そのためには稼がないといけないから。
どんどん使うために最低限の仕事しといてくださいということです。
いっぱい使いたかったら最低限のレベルをあげてください。
わかりますよね。
仕事自体は不得意に決まってるんですよ。
不得意なことをするときっていうのはその次にくること、それが得意かどうかということが問題ですよね。
わかりますよね。
未来は先へ先へと繋がってるわけですから目の前のこのことがきらいであっても不得意であってもそれに繋がってるその先が好きで得意であればこれができるわけです。
ここを見てそのためにこれをすればいいわけですから。
今日のところは古事記のお話も入りましたね。
簡単そうでなかなか難しいですよね。
今日はこの辺で。

2ヶ月に一度の病院

おはようございます。
今日はいつもより早起きして家の用事を済ませ病院。
診察までに検査があるので家を8時過ぎに出発して9時前について検査終了しました。
朝ごはん抜きなので、いつも病院にあるカフェ・ド・クリエでモーニング😋

呼び出しのベル🔔を貸してくれるので1時間はゆっくりできます。
もうこの病気になって、10月で3年になります。
普段は薬を💊飲んでる以外は普通の人と変わりません。
なにか違うとしたら、免疫が普通の人より低いので感染しやすいみたいです。
春かな?
娘が風邪を引いて、三階に隔離してたのですがうつってしまいました。
40度近い熱が出てしまいました。
救急で病院にきたら入院になりました。
熱がでたら入院って前から言われてましたが本当なんだと思いました。
他のことでも、何かあると入院になります。
でも、私はサプリと漢方を先生に処方してもらってるから働いてもいるし遊びにもいけるし家のこともできます。
ありがたいことです。
おもしろい話があるんですよ。
2、3日前、隣の98歳になるおばあさんに久しぶりって言ったら、誰って言われました。
そこの娘さんがさださんやんかと言ったら、ああ、そうやさださんやって。
そのあと顔がむくんでてわからなかったって笑ってました。
実は体重が3キロほど増えて確かに顔が膨らんでたかもです(笑)
すごーい。
おばあさん、いつもわからなくなるときが多いのに私の顔の変化に気づいたんや。
それから、体重を気にしはじめて食べるものに注意してます。
でも増えた体重はなかなか減らないです。
もう少し、自分に厳しくしないといけないのに😂
診察に入ってデーターが少しづつあがってました。
やはり太ったせいだろうな😱
今日から頑張ろう👍

私の正論で娘と喧嘩してのカウンセリング②

こんばんは。
この間の続きを書きますね。
どんだけのこと乗り越えてきたんですか?
こんな、相談してる場合じゃないですよ。
大変な旦那とも乗り越え、大変な介護も乗り越え、息子の大変な状況も乗り越え、娘の大変な状況も乗り越え、自分たちが騙された状況も乗り越え、ハーバードか東大か京大かととかいう問題をクリアしてきたんですよね。
これ、何今度の問題はって。
あの、先生もさすがに若干優秀やけどっていうことですよね。
問題がしょうもなさすぎるってことですよね。
僕の手を借りなくても大丈夫じゃないのということですよ。
僕が今まで教えたことで絶対解決できますよね。
もう言霊だけでも解決できますよね。
もう気づいてましたよね。
もうそれでも解決できなかったのでとっておきのものをだしましたけどね。
生老病死っていうのを一回検索してみて。
四苦八苦とは、仏教における苦の分類。 根本的なドゥッカを生・老・病・死の四苦とし 生苦 - 生まれること。 老苦 - 老いていくこと。体力、気力など全てが衰退していき自由が利かなくなる。 病苦 - 様々な病気があり、痛みや苦しみに悩まされる。 死苦 -死ぬことへの恐怖、その先の不安。 根本的な四つの苦に愛別離苦、愛する者と別離すること、怨憎会苦、怨み憎んでいる者に会うこと 、求不得苦、求める物が得られないこと、五蘊盛苦、人間の肉体と精神が思うがままにならないこと
の四つの苦を合わせて八苦と呼ぶ。

もう落ち着きましたか。
自分のせいで死ぬって言ってるんじゃないですよ。
寿命はいつ来るかわからないと言ってるんですよ。
僕は家族が死んでも今大きく後悔はしないですね。
何でかというと、僕は誰とも今もめてないです。
少なくとも何年かわからないけと何年も喧嘩してないです。僕とは。
それぞれにはずっとやってますけど。
僕とはしてないです、みんなが。
だから僕は後悔はしてないですね。
家族は後悔するかも、
僕は少なくともそれはないようにしてますから。
それが僕の誇りですから。
みんなある意味考え方が甘いんですよ。
もう死んでるかもしれないよ。
わかりますよね。
みんながいつ死ぬかもわからないからって未来のことを言ってぬるーいこといってるんでね。
そんなもん、いつ旦那と会いましたか。
今朝会いましたと言ったら、もう死んどるかもしれんわっていうんです。
怖いこと言わんとってくださいよ。
だってそれが事実だもん。
それがわかっていれば、今はそんな気持ちになれませんなんか言わないですよね。
言わないでしょう。
ごめんなさいっていうでしょう。
別に謝らなくていいですよ。
心の中で喧嘩はやめようと思えばいいです。
今日はここまでね。

私の正論で娘と喧嘩してのカウンセリング①

こんばんは😊
昨日から台風10号で大変なことになってますね。
被害が最小限になることを願ってます。
私のお家も去年の台風でけっこう被害をうけましたが、仕事がら自分のお家は後回しでしたが、最近少しづつ現状復帰に向けて動き出した所です。

この間、娘と喧嘩というより私の正論を並べ立てて娘の言い分なんか1つも聞かず追い出してしまいました。
行き先はお兄ちゃんのところとわかっていましたのでそこは大丈夫と思っていました。
最初は話すのも嫌だったのでラインのやりとり。
けっこう言いたいことを言いました。
そこで頭をよぎったのは、先生に教えてもらった日本は言霊の国ですよということです。
ああ、やってしまったと思いながらも許すという選択はできませんでした。
どうしたらいいだろうと先生のところに行きました。

行ってすぐに今回のことを こと細かく話しました。
何十回、何百回でもカウンセリングを受けるそれでもいいんですよ。
でも、それでは納得しないんでね、毎回毎回、御託を並べますけどね。
これ言わないと気が済まないんやもん。
怒りがおさまらないんですよ。
怒りがおさまったなと顔でわかりますからそのときに死んだらどうしますって話をすると大概の人は泣きますね。
ショックですから、目が覚めるんですよね。
さださんも目が覚めたという顔してましたから。
自分の命よりも大切なな娘が死ぬ前の日まで家締め出して喧嘩して正論ぶちまけて一生後悔しますわ。
だれが正しいとか間違ってるとかどうでもいいんですわ。
仲良くすれば!
そうでしょ。
ぼくはほんとにね。
家族なんて本気で心の底から憎み合ったりとかね、どっちかに好きな人ができてるのに本当の意味での仮面夫婦なんかしたらだめだよって言ってるんです、子供のためにね。
子供は気づくから。
普通の軽い仮面夫婦はぜんぜんいいんですよ。
ねっ、本当に憎み合ってる人とか
はいますよね。
でも、さださんところは違うんですよ。もうそれは乗り越えたんですよ。
乗り越えたということはエリート中のエリートなんですよ。
素晴らしい人間なんですよ。
これは褒めてるんじゃないんです。事実を言ってるんですよ。
あの大変な夫婦の状況、息子の状況を過去に乗り越えた人が娘と喧嘩で相談って、さださん ものすごい普段難しい問題をクリアしてるのに僕のところに来て 先生、九九のかけ算のニの段ってどんなんでしたっけというてきてるのと同じですよね。
どんだけのこと乗り越えてきたんですか?
今日はここまでね。