国生みの島・淡路島

私は淡路島に生まれました👶
もう淡路島から大阪に嫁いで38年になります😵

淡路島が国生みの島というのは知っていましたが知っているだけでなんの興味もありませんでした。

先生のところに行くようになって先生が僕は何の根拠もないですけど淡路島に生まれた人っていうのはこの国生みの物語というものを僕は重要視したほうがいいんじゃないかなと思っています。
もっと簡単にいうと言葉というものをとても大切にしたほうがいいだろうなと!
この島は国生みの島ですよね。
国生みの物語というのは言霊の物語なんですよね。
ていうことはやっぱりことばをね。
何の意味もなく淡路島に生まれてきた、それを偶然でしょうというのも正解かもしれないけど、それじゃーおもしろくないじゃないですか。
なんか意味があってというほうが楽しいじゃないですか。
ドラマとして!
自分にはなにか役割とか使命とかあるんじゃないかと考えたほうが楽しいですよね。
本当にあるんですか?
しりませんよそんなこと!
そのほうが楽しいじゃないですか。
せっかく国生みの島っていうのがあるんだからさださんには大事ですよね。
やっぱりこれってどういう意味があるんだろう。
まずは基本的にこれヒルコというのがうまれるんですよ。
その理由というのを天に聞きにいくんですよね。
わかりますよね。
自分の間違いを自分で何とかしようと思ってないんですよ。
まず、相談しよう。
そこも大切ですよね。
たいがいの人は自分の脳から答えを引っ張り出してくるんですよね。
それとか特定の先生とか、特定の占い師さんとか、特定の人に相談するのは良くないと思いますよ。
先生という仕事をしている僕が、僕だけに聞くのは良くないと言ってるのだからよくないです。
だから僕はいろんな人の本を紹介してるんです。
僕の言ってることも間違いは山ほどあるよ、おかしいよ。
だから自分でも勉強しなさいということですよね。
と先生はいってました。
この続きはつぎのブログに書きますね。



ブログのデザイン

この間、先生のところに行った日は凄くいいお天気でした。
明石海峡大橋を渡ったら淡路島💕
子供が小さいとき、お母さんは淡路島に入ると人が変わるねとよく言われました😅
それは今も同じです😍

先生との話の中で、さださんのブログは残念なのは見た目がやさしくないんです。
人のを見て本気で人のことを凄いとか羨ましいとか思ってたらなかなか幸せにならないよ。
自分のことを上にもってくるのもだめだけどひとのことを上にもってくるのもだめですよ。
【天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず】
福沢諭吉のこのことばを貫くほうがいいですよ。
みんな、本気で本当に人のことを凄いと思いすぎなんですよ。
凄いと思った時点でもうできないかもしれないという意識がでてき ますから。
だから案の定、してないんですよ。
自分は無理だと思ったんですよ。
その時点で人生おわりますよね。
ほんまそうよ。
ですよね。
やばいよ。
ダメです、そんな考え方つかってちゃ。
どんな考え方を選ぼうと自由なんで、ほんなもんね、勝負もしてない人に負けを認めてどうするんですか。
勝負もしてないのになんで自分を負けにしないとだめなんですか?
へーこういうこともできるんかでいいじゃないですか。
違いますか?
人生なんて人のこと羨んでいたらもうそれだけで不幸ですよ。

アクセス数って何で決まるか僕は知っているんですよ。
この見た目ではどんだけ書いてもアクセス数は伸びないよ。
そのためには壁紙変えるしかないですよ。

そこでお家に帰ってから挑戦しましたがなかなかうまくいかず、時間がすぎるだけでした。
でもできたんです。
定型ではあるけど私にぴったりなのが😊
舞台の幕の前にいるスターの私✌️ブログでも書いたことあるんですけど 先生がこのブログの中で今後 個人の人がスターになれる時代なんだよと教えてくれました。

帰りの夕日も綺麗でしたよ💕

本当の優しさの続き

今日はお仕事をしてて疲れてきたのでお仕事は閉店ガラガラにしてブログを書こうと思いました。

これがいいのか悪いのかはわかりませんがとにかく今日はブログを書きます。

 

人間ていうのは優しい人がいなければ生きられない生き物なんですよね。

自分がいくらやさしくなったとしてもまわりに一人でも優しい人がいないと人はなかなか難しい生き物なんです。

僕は基本的に家族の中に優しい人を見つける人はなかなか人生は難しくなるよと言っています。

なぜかというと家族というのは心配する役目みたいなもんなんですよね。

だから僕は家族の中に困った時とか弱ったときに相談するのは残念ながらよくないんじゃないかなと思いますよね。

僕はせめてここにきて勉強している人は大丈夫よっと強くいうと周りから誤解されることもあるからあなたなら大丈夫だよという優しい言い方をできれば、家族のなかのお母さんという人がしてほしいなと思います。

 家族の中心はおかあさんですから。

お母さんの言葉が変わると家族の言葉が変わっていきますのでね。

そうすると家族が一番悩みの種みたいなことが家族が一番安心できる場所。

家族が一番安心できないという人が多い。

でも家族が一番安心できる場所にすることはできるんですよ。

それはお母さんの言葉にかかってるんですよ。

お母さんは役柄としてとっても毎日大変だとおもうんだけどやっぱり中心でありリーダーなんで言葉のリーダーにもなってほしいですよね。

というのが先生のお話でした。

こんなことを教えてくれる先生と出会ったことは私にとって、すばらしいことです。

また直接でなくても読んでくれてるひとがすばらしい先生だなと思ってくれたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

本当の優しさ

この前先生のところに行ったとき、主人の愚痴を聞いてもらいました。

台風直後は、普段から仕事にはついていってるものの、主人の携帯は鳴りっぱなしで危ないから朝の7時頃から夜の12時位まで運転手。

さすがに10日間位はサプリメントを増やしながら頑張りましたが、涙がでてくるくらい辛くなってきました。

お互いいくつかの病気と仲良くお付き合いしながらできるくらいの仕事をしてきたのであまりの忙しさに疲れて不満ばかりいってました。

最終的には大丈夫かといえない主人は優しくないと腹を立ててました。

先生は大丈夫かって聞くということは、そもそも聞く人の気持ちを考えたら大丈夫じゃないかもしれないという考え方が一つ、もう一つは自分が安心したいからそれを聞いているといえるといえことがありますよね。

もう一つは大丈夫かどうかを聞かれた人は考えなければならないんです。改めて考えると大丈夫だとは思えないんですよね。

大丈夫かという聞く言葉というのは常識的には優しい言葉ととらえてる人がほとんどなんですけど、ぼくは冷たい言葉だと捉えたほうがいいと思います。

だってそれをいって何かいいことがあるのかということといった人が安心するだけで相手の人のためにはほとんどならない。

ていうことは冷たいということ。

僕は大丈夫かという言葉で多くの人が身体も心も悪くなってるのじゃないかなと感じています。

大丈夫かという人には悪気はないのですからありがとうと言葉で言っといて心の中ではあんまりこのひとのこと聞いたらあかんわというサインの言葉にしてほしいと思います。

大丈夫かというのが口癖の人はできればなんですけどあんまりお近づきにならないほうが。

今度は逆に大丈夫よという人はものすごく優しいですよ。

大丈夫ということに根拠がないのですから自分は不安なままですよね。

ということは相手のためだけに言っているので

優しいということですよね。

大丈夫の後にどういう言葉がつくかによって、疑問系がつく言葉は不幸をよぶ言葉、大丈夫よという言葉は幸せを呼ぶ言葉。

ということは大丈夫かという疑問系の言葉を使うひとは極端にに言えば冷たい人、大丈夫よという人は極端にいえは優しい人。

だったら優しい人の言葉をまに受けたほうがいい。

そして自分も悪い言葉を使わないようにする。

これはとても大事なこと。

長くなってきたので続きはまた書きますね。

 

 

 

真面目と不真面目

昨日、先生のところに行った時のお話です。

いつも、最初は体調と最近の漢方とサプリメントのどんな組み合わせ方で飲んでるかを聞いてくれます。

それから体調に合わせて、漢方とサプリメントのアドバイスしてくれます。

それから、最近の私の疑問に思ってることを質問します。

そのことはまたいつか書きますね。

 

最後に先生にブログのことで教えてほしいことがあったのでブログの話になりました。

先生が開口一番に、ブログを更新しているのを見てこんなときにブログを書けるというのは真面目だねと。

前のブログで書かせてもらいましたが私のお家のお仕事は瓦屋さんです。

地震と台風で大阪は大変なことになってしまいましたので当然、忙しくて体調を崩すほど忙しいです。

でも、私的には更新が遅れてしまったとばかり考えていました。

先生は裏を返せば不真面目だよ。

(こんな時期にってことかな)

昔は、表も裏も真面目だったよね。

それが今は真面目と不真面目のバランスがとれていてすばらしいと言ってもらえました。

最初はどういうことって⁉️

でも考えてみれば昔の私だったら更新できてないだろうなと思いました。

ブログを書き始めたことで、こんな変化があったことを気づかせてくれた先生に感謝です。

 

 

 

自分のための人探し続編

ブログを書くのがすごく遠のいてしまいました。

大阪にまさかの台風💨

ケガはなかったものの 色んなものが飛んできたり飛んだりで後片付けが大変でした。

自然の力ってすごいです😩

家の前の道路はボーリング場のレーンみたいでした。

仕事上、被災されたお家にお邪魔する機会が多いのですがみなさん口をそろえたように今回も逸れると思って甘くみてたよ😓って言います。

でも自然に備えるって難しいですよね。

なるべく災害がおきないことを願うだけです。

 

今日は自分のための人探しで今まで困ったことで人を探せていれば解決できたことですよと教えてもらったことの続きを書きますね。

こういうことはブログとかで文章にしてそれも何度も繰り返し訴えないと簡単で大事なことは人は気づかないですよ。

だいたい出来事が変わっても答えは同じということが多いです。

基本的に今まで人を探せていれば解決できたことがほとんどだと思うよ。

ここを再確認するためにあえて重複して書いてます。

一個一個答えが違うのだったら基本的には平均寿命では足りないですよね。

だいたい答えというのはあんまりかずはないんじゃないかな。

人のいいところを探していればたいがいの事は解決するんじゃない。

ほとんどの人が  人の悪いところを探すのが自然に努力なしにできるんでね。

人のいいところを探すっていうのは努力が必要ですよね。

そのために一番にやらなければならないのは自分のいいところを探すということです。

今の時代 本もいっぱい出てるし、インターネット、テレビ、ラジオでも山ほど情報があるのに だけどほとんどの人がやってないですよ。

知ってるだけ。

例えば100知ってるよりも10しか知らないけど3行動できる人の方が100知ってて一つしか行動できない人よりもいいにきまってますよね。

これも本に書いてるんですができないんですよね。

どうすれば行動できますかという質問があって

それは脳に行動ってプログラムすればいいわって。

紙に行動って書いて暇な時に四六時中見とけばいいわって。

僕が教えていることは基本的には本に書いてあることばかりだけど僕が人とちょっと違うのは本にかいてあることをやるんですね。

そこがちがうんですね。

そこがだいぶん違うと思うんです。

だからやればいいんです。

知ってる人で半年続く人は1000人に1人はいないと僕は思う。

やって成功した経験がないから重要視してないですよ。

人間ってやってうまいこといけばやるんです。

だからやってみればいいんですよ。

理論的には何かを紙に書いてそれを四六時中みるということでカーナビに目的地をインプットするように同じことができると思いますよ。

こんなことで変わるんですかと聞かれますが

カーナビが変わるんだから変わるんじゃないのって。

自分の名前とか住所ってあとからインプットしたんでしょ。

だからおんなじことすればいいんですよ。

例えば行動って書いて四六時中半年くらい見てれば僕、行動力上がると思いますよ。

もっと具体的に人生変えたいと思ったら本よんだり、人に教えてもらったらそのまま文章書けばいいですよね。

例えばイライラする人であればイラッときたら3回深呼吸と紙に書いて半年も見とけばたぶんだいぶん怒りっぽくなくなると思いますよ。

だってそうやってセッティングしたんだから。

こういうことを知ってる人、実際にやったひとですよね。

知ってるというのは知識でそれに行動がともなえば知恵ということになりますよね。

それを実際行動してうまくいった うまくいかなかったという経験のある知識のことを知恵というのです。

だからようは、悩みを解決したければ知恵のある人を探すんです。

そして何よりも自分が知恵のある人間になるんです。

そのためには知識に行動を掛け算するんです。

まずは知識から身につける。

そしてやってみる。

うまくいかなけるば教えてもらった人に聞いてみる。

人生ってやらないと何も変わらないので知ってるだけでは変わらないけど知らないよりはだいぶんましになりますけどね。

知恵をどれだけ身につけるか、

でも限界があるので知恵のある人を探す方が楽ですよね。

知恵のある人よりも知恵のある人を探すひとのほうが成功してしてるみたいですよ。

と教えてもらいました。

この続きはまた書きますね。

 

 

 

 

あるブログを見て行動

今日は先生のところで紹介して頂いたブログのことを書きますね。

 

先生にブログを紹介してもらってから毎回楽しみに読んでいました。

先生のところにいったとき

私「あれってどういう風に書けばいいのですか」

先生「僕はあのブログを読めば大事なところは書いてあるからできると思うよ。人にはすぐ聞くのに人の言うことは聞かないんじゃない」

と言われ、帰ってからその夜ブログを全部読み直して見ました。

先生のいうとおり事細かく書いてくれていました。

 

ブログを抜粋

願いを叶えるための実践

まず願いを紙に書いて、それをポケットに持                            ち歩き、毎日何回も一人の時に見る

1日に最低10回は読む。

その書く内容は、ちょっとしたポイントがありまして、すでにそうなった、つまりその願いが叶った状態で書くということ。

 

その人のブログ通り、願い事が叶ったかのような文章にしました。

そして私は、その人が携帯のメモ機能を使う方法を書いてくれてたのでその方法でやってみることにしました。

携帯を開けたとき一番最初にメモ機能を見ると決めました。

最初は携帯を開けるといつもの癖でラインとかメール、インスタ、FB、はてなブログをみてしまって、思い出して見るって感じでしたが、

徐々に最初に見れるようになってきました。

 

この方がいうには

あなたも、もしいろんな方のブログを見ていて感じた事や、読んでいてとっても良かった

内容があったら、私のように、ブログで発信してみてはどうでしょうか。

きっとその人に、その気持ちは届くと思いますよ。

ということでした。

 

ありがとうございました。

いままで一つのことを長く続けれたことがないので長く続けていくよう努力しますね。

そうだ。

メモ機能に携帯を開けたら最初にメモ機能をみることができましたと追加することにしました。

 

また願いが叶ったらブログに書きますね。